油湧三絞並僥晩囂

擬響?リババと膨噴繁の義竒┐箸Δ召劣?┐爐しむかし、ペルシ?に、カシムと?リババという儘宮┐ょうだいがおりました。儘┐△烹のカシムはお署隔┐ねもちで、宮┐とうとの?リババは洞窪┐咾鵑椶Γな蚶┐こりでした。ある晩┐劭?リババがロバを銭┐庁れて畢┐發蝪へ佩┐ぃくと、瀧┐Δ泯の怎咄┐△靴とが療┐こえてきました。需┐滷ると

油湧三絞並僥晩囂

?リババと膨噴繁の義竒┐箸Δ召

劣?┐爐しむかし、ペルシ?に、カシムと?リババという儘宮┐ょうだいがおりました。

儘┐△烹のカシムはお署隔┐ねもちで、宮┐とうとの?リババは洞窪┐咾鵑椶Γな蚶┐こりでした。

ある晩┐劭?リババがロバを銭┐庁れて畢┐發蝪へ佩┐ぃくと、瀧┐Δ泯の怎咄┐△靴とが療┐こえてきました。

需┐滷ると、瀧┐Δ泯に\┐裡った槻┐とこたちが除┐舛づいてきます。┸孱┐そろしい冲┐おをしている。きっと、┐錣襭いやつらに離┐舛いない。 は

?リババはロバを銭┐庁れて、仕┐△錚てて麗咐┐發里げにL┐くれました。そっと方┐ぞえると、槻┐とこたちは膨噴繁┐茲鵑犬紊Δ砲鵤います。

やがて牌圭┐やかたが、冫┐い錚の念┐泙┌に羨┐殖って冱┐ぃいました。仝蝕┐劼蕋け、ゴマ々

すると、冫┐い錚がス`と蝕┐劼蕋いたのです。

槻┐とこたちは挟僭┐曚蕕△複の嶄┐覆に秘┐呂ぃると、隔┐癸っていた塞麗┐砲發庁を崔┐いて、また竃┐韮てきました。 仝液┐硲じろ、ゴマ々牌圭┐やかたが出┐茖ぶと、冫┐い錚はス`と、液┐硲じました。

槻┐とこたちは、瀧┐Δ泯に\┐裡ると恠┐呂沓り肇┐毅っていきました。

載消載消參念襖帽忽嗤曾倖儘宮悟悟出触廉直、宮宮出唖戦依依。 ┯膰膺廉直掲械嗤熱遇宮宮唖戦依依抜頁倖洞博議蚶健。 嗤匯爺唖戦依依枯彭多徨欺畢爽嶄肇策隼油欺匯專瀧貰蕗。 徙聾匯心載謹繁楠彭瀧劾麿議圭鰈濆栖。 ^宸乂繁脅海誼宸担辛殿匯協頁撒繁。 ̄ 唖戦依依韮彭多徨枯諸茄阻軟栖。 麿方阻匯和匯慌嗤膨噴倖繁。 膿義遊徨恠欺冫墳念中斤彭冫墳傍 ^屮醍蝕壇  冫墳哘蕗遇蝕。 膿義断恠序表挟委鎮栖議叫廉脅慧阻序肇隼朔嗽脅恠竃阻表挟。 膿義遊徨嗽寄出此慰ヂ藕愧釘  冫墳嗽購阻軟栖。 膿義断楠彭瀧宣蝕阻。

これはすごい、徴隈(まほう)の睥(じゅもん)で冫┐い錚が強┐Δ苅くんだ。 ?リババは、壼堀┐気辰修まねをしてみました。

仝蝕┐劼蕋け、ゴマ 垢気辰と揖┐なしじように、冫┐い

がス`と、蝕┐劼蕋きました。

挟僭┐曚蕕△複に秘┐呂ぃった?リババは、朕┐瓧を需嫖┐澆錬りました。

仝これはすごい ̄Γ┐燭らの表┐笋泯だ,修Δ、ここは義竒┐箸Δ召たちの右┐燭らのL┐くし魁侭┐个靴脾なんだ。々

?リババは署歯┐んかをロバに持┐庁むと、識┐い州いで社┐い┌に「┐えりました。

その匚┐茲襭、?リババは、カシムの社┐い┌にマスを処┐りに佩┐ぃきました。

洞窪繁(びんぼうにん)が、採┐覆烹を楚(はか)るのだろう

そう房┐もったカシムは、マスの嚊┐垢滷っこに、こっそりと冊┐里蝪を与┐裡っておきました。

そして、?リババから卦┐えってきたマスには、冊┐里蝪にくっついた署歯┐んかが匯旦嫖┐い舛泙い錬り原┐庁いていたのです。 カシムは、すぐに?リババの社┐い┌に佩┐ぃきました。

仝おい、この署歯┐んかをどこで返┐藤に秘┐ぃれたんだ}圍┐ぃわないと、叨繁┐笋にんに冱┐ぃい原┐庁けるぞ。々

しかたなく、?リババは、右┐燭らのありかを縮┐しえました。 ^湊舞謎阻‐紅賛敏墫団Х┻綴簷鐇歓慟苫卻。 ̄ 唖戦依依羨震僥彭膿義遊徨議劔徨 ^屮醍蝕壇  才胡嘉匯劔冫墳嬉蝕阻。 唖戦依依怺阻序肇麿瓜戦中議尚麩鉄阻。 ^湊舞謎阻》睚拝思右表ゞ堊烹》瞎散頁膿義断茄右議仇圭。 ̄ 唖戦依依喘多徨耀阻匯乂署衛識脱指阻社。 輝爺絡貧唖戦依依欺悟悟触廉直社処幅─杏 ̄頁匯嶽霞楚匂醤。 悟悟触廉直襭此意盡博高軌梢捷訌進加感廉椿拭 噐頁壓幅議匯叔裕裕与貧阻匯乂什。 遇輝唖戦依依珊幅議扮昨幅貧中娚阻匯旦署衛。 触廉直瀧貧欺唖戦依依社斤唖戦依依傍 ^旅…稱粘喞栂凖欺宸旦署衛議身膵低音御盆厘厘祥欺郊軒椎戦御窟低  唖戦依依短一隈峪挫委右茄議並御盆阻悟悟。

仝これはいいことを療┐いた。よし、その右┐燭らを鏡(ひと)り媼(じ)めにしてやろう。々

カシムはロバを哈┐劭いて冫表┐い錣笋泯へ竃航┐討けていくと、縮┐しえられたとおりに、仝蝕┐劼蕋け、ゴマ 垢函冱┐ぃいました。 ス`と蝕┐いた冫┐い錚の嶄┐覆に秘┐呂ぃっていくと、 そこには朕┐瓧がくらめそうなほどの右┐燭らが表持┐笋泙庁みにされています。

仝そうだ、冫┐い錚の跚┐箸咤を液┐硲じてから、ゆっくりと期┐

くろに攀┐庁めz┐械もう。々

カシムが冫┐い錚の念┐泙┌で、仝液┐硲じろ、ゴマ 垢函△いΔ函冫┐い錚はス`と液┐硲じました。

仝よしよし、房┐もう贋蛍┐召鵑屬鵤、右┐燭らを攀┐庁めz┐械むぞ々カシムは知嶄┐爐舛紊Γで、右┐燭らを期┐佞ろに攀┐庁めz┐械みました。

ところがたいへんなことに、翌┐修硲に竃┐韮ようと冫┐い錚の念┐泙┌に羨┐殖ったのですが、

竃┐韮るためのお癸┐泙犬複いを梨┐錣坑れてしまったのです。 仝蝕┐劼蕋け、狭┐泙瓧´蝕┐澆蕋け、拓┐爐´蝕┐劼蕋け、とうもろこし´蝕┐劼蕋け、かぼちゃ´々

オロオロしているうちに、義竒┐箸Δ召たちが┐發稗ってきてしまいました。

仝こそドロめ、義竒┐箸Δ召から釣允┐匹蹐椶Γするはとんでもないやつだ 

カシムは、鏑┐こった義竒┐箸Δ召たちに姫┐海蹌されてしまいました。

^宸辛寔頁倖挫連。挫厘勣鏡媼椎乂右茄。 ̄悟悟襦 噐頁触廉直韮彭多徨欺阻椎恙表念梓孚唖戦依依縮麿議椎劔 寄出^屮醍蝕壇  冫墳哘蕗遇蝕。 触廉直恠序表挟心欺戦中右麗均持泌表綜繁凛雑舖岱。 ^斤阻枠委表挟議壇購貧厘勣蛸蛸委右麗廾序期徨戦。 ̄ 触廉直斤彭冫墳傍 ^屮醍購壇  冫墳購貧阻。 ^湊挫阻。厘辛參勝秤仇廾右茄阻。 ̄ 触廉直憧凋仇吏期徨戦廾右茄。 徽頁輝麿廾頼覲肇議扮昨抜竃諒籾阻。麿嫋壓冫墳念辛委椎鞘圧囂公梨阻。 ^狭徨蝕壇´弌拓蝕壇´´囁致蝕壇´´掴肱蝕壇´´ ̄ 屎輝麿妾仕払企議扮昨膿義断指栖阻。 ^低宸倖弌谷竒捷糊裕厘断膿義議叫廉酒岷頁音勣凋阻  触廉直瓜鯨鏑議膿義断姫棒阻。

易僣

劣?┐爐しむかし、とっても胆┐Δ弔しいけれど、伉┐海海蹌のみにくいお纎┐さきがいました。

お纎┐さきは徴隈┐泙曚Γの承┐かみを隔┐癸っていて、いつも徴隈┐泙曚Γの承┐かみに儖┐燭今ねます。

承┐かみよ承┐かみよ、この弊┐茖で匯桑胆┐い舛个鵑Δ弔しいのはだれ

お纎┐さきは、承┐かみがいつものように、あなたが匯桑胆┐Δ

くしいです。と、基┐海殖えるのを棋┐泯ちました。

しかし承┐かみはあなたの弟┐爐垢瓧、易僣┐靴蕕罎ひめです。と、基┐海殖えたのです。

お纎┐さきは、易僣┐靴蕕罎ひめの屈業朕┐砲匹瓧のお銚┐あさんです。

お纎┐さきは爾┐呂横しく弦┐呂蕋を羨┐殖て、易僣┐靴蕕罎ひめをd弗┐蠅腓Δ沓に姫┐海蹌させようとしました。

でも、伉┐海海蹌の單┐笋毅しいd弗┐蠅腓Δ沓は、易僣┐靴蕕罎ひめをそっと畢┐發蝪の嶄┐覆にL┐くし、

お纎┐さきには易僣┐靴蕕罎ひめを姫┐海蹌したと倩┐Δ州をついたのです。

易僣┐靴蕕罎ひめは、畢┐發蝪に廖┐坑む鈍繁┐靴舛砲鵤の弌繁┐海咾硲たちと頂┐らすことになりました。 とっても困箸討盖朕旃鑰諒 みにくい┳鵑ぃ些鸞、鞄具

伉のみにくい歳蝶鷆顳伉界具蕎伉界際蕎 お纎きさき才朔 儖ねる済諒

易僣紺徘巷麼 屈業朕査鸞

弦を羨てる塞賑窟鏑 姫させよう妻航柢瞞 そっと才詰亀悖圧仇 倩を原く宰技

載消載消參念嗤了胆洗徽伉界際蕎議藍朔。慢嗤匯中徴隈承慢悳頁氏諒承徨徴承亜徴承宸弊貧恷胆議頁豊人朔吉彭徴承匯泌写吏議指基恷胆議頁艇。徽徴承基欺砕睚隻恷胆議頁艇議溺隅易僣巷麼。藍朔頁易僣巷麼議写銚。慢掲械伏賑和綜斑壮繁肇姫渠易僣巷麼。徽鋲措議壮繁裕裕仇委易僣巷麼茄欺阻畢爽戦。旺騰纎徨傍厮姫阻易僣巷麼。易僣巷麼才廖壓畢爽議鈍倖弌茜繁断匯軟伏試彭。 そして、弌繁┐海咾硲たちが表┐笋泯にP┐呂燭蕋きに秘┐呂ぃっている寂┐△い寸、膝茅┐修Δ牽や牢紵┐擦鵑燭や寞碧並┐呂蠅靴瓦硲をしたり、ご傾┐呂鵤を恬┐弔ったりして、鞍妝┐泙い砲腺をS┐燭裡しく狛┐坑ごしました。

仝易僣┐靴蕕罎ひめ、暴┐錣燭沓たちが碧並┐靴瓦硲に佩┐ぃ

っている寂┐△い寸、豊┐世譯も社┐い┌に秘┐ぃれちゃいけないよ。 あの伽┐海錚いお纎┐さきに、ここが岑┐沓られてしまうからね。々と、いつも弌繁┐海咾硲たちは冱┐ぃうのでした。

ところがある晩┐劭、仝承┐かみよ承┐かみよ、この弊┐茖で匯桑胆┐い舛个鵑Δ弔しいのはだれ拭垢函△纎┐さきが承┐かみに療┐くと、

仝表┐笋泯を埆┐械えたその鬘┐爍こう、鈍繁┐靴舛砲鵤の弌繁┐海咾硲の社┐い┌にいる易僣┐靴蕕罎ひめです。々と、基┐海殖えたのです。

仝なんですって。。 

お纎┐さきは、麗咤┐發里Γりのおばあさんに晒┐丕けると、蕎秘┐匹いりリンゴを返┐藤に、

鈍┐覆複つの表┐笋泯を埆┐械えて、弌繁┐海咾硲の社┐い┌に佩┐ぃきました。

そして、┐泙稗を澣┐燭殖いて冱┐ぃいました。仝胆┐Δ弔しい弟┐爐垢瓧さんに、奘┐くり麗┐發裡だよ。々

仝まあ、採┐覆鵤てきれいなリンゴ。おばあさん、ありがとう。々

けれど、そのリンゴを匯笥┐劼箸ちかじるなり、易僣┐靴蕕罎ひめはパタリと宜┐燭れ、屈業┐砲稗と朕┐瓧を蝕┐劼蕋きませんでした。 寞碧並砕誅濟 ちゃう困討靴泙

岑られる砦る議瓜強侘 ところが哉散辛頁音狛 って災喘=と

晒ける沙弃杷廾 そして左唄複隼朔 澣く最歎を澣く最担 鬚海Γ債捻滷椎隅

麗咾蝪祭濬峇鐶叫廉┻槌烹弌斌祁 匯笥災賛擅匯泣 かじる鎖丕勍

バタリと宜れる才使撒

vたり、vたりする坐仂截、?ニメを需たり、云をiんだりします。厘耽爺絡貧心強只心慕

まあ左侈彰複溺來喘囂扮哀兔哀瀟

噐頁茜繁断肇表戦孤試扮易僣巷麼壓社戦嬉膝寮伏牢丗捲恂寞濟遑恂傾

励佛猟垂wxphp.com淫根悳潤祉烏、深編彿創、翌囂僥楼、彿鯉深編、佩匍胎猟、唾嗄尚泣參式油湧三絞並僥晩囂吉坪否。

云猟慌5匈12345