日语N3N4词汇速记法

导读:年上の人や、地位の高い人のことを、誰かに話す時にも、敬語を使います。「この辞書は、鈴木先生が貸してくださいました。」「先生は、今、研究室には、いらっしゃいません。」などと言います。王さんは「今日の鈴木先生の講義は休講します。」という掲示板を見て、先生の助手に聞きました。「先週、交通事故に遭われたんですよ。足を骨折されて、大学には、一か月ほどおいでになれないそ

日语N3N4词汇速记法

年上の人や、地位の高い人のことを、誰かに話す時にも、敬語を使います。「この辞書は、鈴木先生が貸してくださいました。」「先生は、今、研究室には、いらっしゃいません。」などと言います。

王さんは「今日の鈴木先生の講義は休講します。」という掲示板を見て、先生の助手に聞きました。「先週、交通事故に遭われたんですよ。足を骨折されて、大学には、一か月ほどおいでになれないそうです。今、入院していらっしゃいます。昨日、お見舞いに行きましたが、何でも召し上がるし、お元気そうでしたよ。いい休養だと、笑っていらっしゃいました。」と助手は答えました。王さんは「そうですか。ほっとしました。先生にお会いになったら、よろしくお伝えください。」と助手にお願いしました。

自分より年上の人や、地位の高い人と話す時は、相手を尊重した言い方をします。また、自分のことを謙遜して言って、相手に対する敬意を表します。例えば、生徒が先生に向かって話す時や、先生のことを話題にする時には、「今、お茶を入れてあげます。」「この辞書は、鈴木先生に貸してもらいました。」などとは言いません。「今、お茶をお入れします。」「この辞書は、鈴木先生に貸していただきました。」などと言って、先生に対する敬意を表します。

日本の社会は、お客さんや仕事の相手と話す時、特に敬語の使い方に注意します。たとえ、相手が自分より年下でも、相手のことを尊重して言い、自分のことを謙遜して言います。お客さんに対しては、「会議室はこちらです。私が、御案内します。」「私は、営業部の田中と申します。どのような御用件か、伺います。」「お荷物を、お持ちしましょう。」などと言います。このように、日本語は、相手と状況によって、言葉の使い方が変わります。

「郷に入っては、郷に従え。」という諺がありますが、外国の生活習慣に慣れるのは、たいへんです。日本で暮らしている外国の人が、ある会社の社長さんに用事があって、電話をかけました。「すみません。鈴木社長は、いらっしゃいますか。」と聞くと、電話の向こうの若い交換手が、「申し訳ありません。鈴木は、外出しています。」と答えました。自分の会社の社長の名前を、若い社員が呼び捨てにするのを聞いて、その人はずいぶん驚いたらしいです。

このように、日本では、外部の人と話す時は、たとえ自分の会社の社長でも、敬語は使いません。日本に来た外国の人が、いちばんとまどうのは、こんな言葉の使い分けのようです。相手と状況によって、言葉が変わるので、知らない人同士の会話を聞いて、話し手と聞き手の関係がわかることがあります。親しい友達どうしなら、敬語を使う必要はありません。最初は、敬語を使って話していた人たちが、だんだん親しくなるにしたがって、普通の話し方に変わっていくこともあります。敬語を使って、相手に敬意を表すことは、大切なことです。でも、話す人の心に、相手を尊敬する気持ちがあれば、日本語が上手に話せなくても、気持ちはちゃんと伝わると思います。

それぞれの国には、いろいろなことわざや格言があります。例えば、日本には、「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥じ。」と言うことわざがあります。これは、「自分の知らないことは、人に聞

17

きなさい。その時、聞くのが恥ずかしくても、それは一時のことです。聞かないでいると、一生知らないままで終わってしまいます。もっと恥ずかしいことになりますよ。」と言う意味です。世界中には、たくさんのことわざがあります。同じ意味のものもあれば、ぜんぜん違う意味のものもあって、おもしろいです。「あしたはあしたの風が吹く。」と「今日できることを、明日に延ばすな。」とでは、まったく逆の意味です。そう言えば、日本にも、「鉄は熱い間に打て。」という言葉があるそうです。同じ言葉が、中国にもあるのです。きっと、中国から伝わったのだろう。中国の成語は、日常会話の中でよく使われています。日本語の中には、欧米から入ってきた言葉もあれば、中国の成語もあるのです。しかし、先人の「これだけは、忘れないでくれ。」という、子孫への思いや戒めには、似たものが多いのかもしれません。「本日できることを、明日に延ばすな。」田中さんは、子供のころ、そう教えられました。

18

五星文库wxphp.com包含总结汇报、考试资料、IT计算机、人文社科、文档下载、办公文档、党团工作、教学教材、旅游景点、教学研究、资格考试、出国留学以及日语N3N4词汇速记法等内容。

本文共4页1234